--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 04. 20  
しだれ
遅咲きのしだれ桜が春の日射しに揺れて

4月18日(水)ひさしぶりの平日休み。ささっと用事をすませ午後から、河内長野の観心寺へ
いきました。ふだんは落ち着いた山裾の名刹と言う感じなのですが、この日は、毎年4月17、
18日の2日間だけ観ることのできる国宝・如意輪観音の御開帳日。何台もの観光バスも来て、
多くの参拝客であふれかえっていました。
もちろん私もそれがお目当てで何年ぶりかでその霊気あふれる御姿とお会いしてきました。

観心寺2

観心寺3

この日がこれだけ人が多いのは、もちろんここの観音様が素晴らしく人気があるということ
もありますが、若い人達にも広がっている最近の神社仏閣ブーム、仏像人気に加え、4月18日
が近隣の葛井寺の千手観音と道明寺の十一面観音のいわゆる河内の三国宝が一度に一日でみれ
る唯一の日であるということもあるでしょう。ちなみに昔は33年に一度しか見れないたいそう
ありがたい秘仏であったそうです。...( TーT)m 

金堂

ご本尊がまつられている金堂は満員で30分に一回あるご法話を後ろで待ちながら、次のご法話
で人が入れ替わる時に前のほうまで行き、再度ご法話(住職さんと副住職さんが交代して話さ
れる)を聴きながらゆっくりと拝観させていただきました。( ̄ー ̄)

如意輪観音
片膝を立て、柔らかな曲線美の御姿から妖艶であるとか、蠱惑的であるとか平安時代の傑作で
あるとか色々と評価がありますが、実際ほの暗い御堂の御厨子の中で佇まれる御姿と対峙する
と世俗的でない、何もかもゆったりと包み込むような大きな力を感じます。
そう…すなわち、落ち込んだ時は優しく励ますように、やましい時は叱られているように、奢
った時は諌めるように、悲しみにくれるときは慰めるように…見つめる人の心を映し出す鏡の
ように自在に御姿を変え現れてくれるように感じます。


この如意輪観音像に限らず、仏像というものは写真で観るものと、博物館ような展示場で観る
時、お寺の御堂で観る場合それぞれ違って見えると思います。それぞれ良さはあるのですが、
写真集で観てそれほどと思わなかったものが、お寺の御堂のシチュエーションで拝観し「えっ
?すごい!」と感じ直したことが何度もありました。たぶん光の加減や眺める角度の違いから
全然違ったものにみえたのでしょう。そんな時、やはりその仏様に一番見合った御姿の前で本
物を見るのはいいものだとつくづくおもうのです。(━_━)ゝウーム

asyurakutu1.jpg

そして、お参りで心を潤した後のお楽しみはやっぱり…
山門の前にある甘味処「阿修羅窟」さんでお腹を潤しました。
普段は日祝だけ開けておられるお店ですがこの日は一番の賑わい日、開いてました。やったー!d(⌒o⌒)b

asyurakutu3.jpg
昔ながらの懐かしい佇まい。いいねぇ!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

にゅうめん
わらび餅

上品なお味のすまし雑煮と、もっちりと至極の食感のわらび餅をいただき満足でござりました。

asyurakutu4.jpg
asyurakutu2.jpg
山桜

そして、お庭はおりしも山桜が満開… ありがとう観音様~ (*´ -`)(´- `*)




ヒヨドリ
 椿とヒヨドリ
NEXT Entry
走り去る春
NEW Topics
湖北でゆったり
滋賀の秘境
甘い誘惑
伊勢の杜
堺の海
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。