--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 02. 23  
hiraoka1.jpg
4連屋根の個性的な本殿 枚岡造とも言うらしい

昨日は平日の休み。午前中の用事がすんなりと終わったので、枚岡神社に行ってきました。
時間ができるとパッと急に思い立って出かけるのが大好きです。(ノ´∀`*)
大阪にある一の宮の神社(昔の国を代表する宮)摂津の一の宮の住吉大社。和泉一の宮の鳳大社は
何度か行ったことがあるのですが、河内の一の宮の枚岡神社は行ったことがありませんでした。
生駒山を背に建てられたお社は、住吉や鳳とは違いどこか山の霊気をかんじる厳かなお社でした。
由緒を読むと、神武天皇の東征の折に創建されたらしく、又、奈良の春日大社が造営されるとき
ここの神様を呼び祀られたということで元春日とも言われているそうです。

hiraoka5.jpg


ふーん、凄いやん、とても古いし格式も高いお宮さんなんやなぁと思いながら。自然林の残る石段
を登りながらこの神社が最初に建てられたところという奥宮へと向かいました。途中の梅林はまだ
まだつぼみが固いようですが、3月に入ると梅祭りも行われ多くの人達でにぎわうらしいです。
そこから先の坂道は結構きつく登山道の雰囲気となって行きます。あいにくの曇り空でしたが、
高度を増すにつれて大阪平野の景色が眼下に広がり、天気の良い日ならとても気持ちの良いハイキ
ングコースとなるでしょう。

hiraoka4.jpg


まったり足で30分程登りつめたところに枚岡神社創祀の地、神津嶽本宮という小さなお社がありま
した。ほんとにこじんまりしたお社があるだけですが、建造物ではなく、その小さな場所に大昔か
ら多くの人々が願いを込め参られたんだろうなぁ、そしてそれを受け止め続けてきたんだなぁ…
という神聖な雰囲気の宿る(ような気がする(・∀・;)ところでした。

hiraoka2.jpg
木々はもう少しお眠り

このところしばらく運動不足だっただけに、とてもすがすがしい気持が身体を通り抜けるお参りでした。

神道の心をどう受け止めるべきかというような事はよくわかりませんが。昔から人々の心のより所となり
、多くの人達によって支え守られ続けてきた空間、自然の息吹の感じる鎮守の森の空気にふれると
不思議と気持ちがやすらぐのはなぜでしょうね…。

hiraoka7.jpg


御狸様や御狐様を神様と崇めたり、お山に手を合わせたり…日本人は昔から自然の中での自分たち人間の弱さを知
っていたのだろうなぁ、と思うのは私だけでしょうか…。(*´∀`

hiraoka6.jpg

気になる小さな井戸


NEXT Entry
コース料理
NEW Topics
湖北でゆったり
滋賀の秘境
甘い誘惑
伊勢の杜
堺の海
Comment
とても行きたくなったわ。
高野山の奥、野迫村に立里神社ってあるんだけど、ここもとてもいい!!
時間と機会があれば是非。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。