--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 04. 20  
4月前半は勤務の都合で臨時の春休みが・・・色々ぶらぶらしました、でもほんと雨ばっかり(*_*;


お花見
長女夫婦が芦屋川近辺に住んだため、今年の花見はもっぱらそちらに。
花はいっしょでもところ変われば雰囲気は変わりますね。
3月30頃から4月5日くらいが見ごろでした。


芦屋川33115a

娘のわんこ(3か月半)も花見というより鼻がかゆい
芦屋川3312b

うちのわんこはまだチビ犬が苦手で逃げまくり

奥池3317b

4月4日は芦屋浜の公園でお弁当持ってお花見(^O^)/
花見4043b


雨の古都
4月3日 友人と春日大社 第60次式年造替(しきねんぞうたい)記念の特別公開を見に行きました。
あいにくのお天気でしたが、平日にも関わらず大勢の人が来ておられました(日本人以外の方の方が多かったかな(^_^;))
撮影は禁止でしたが普段見れない御本殿磐座(いわくら)や御神宝など見ることができました。さすが奈良、歴史の重みが違いますねぇ(^.^)
お昼は男二人で春日荷茶屋(にないぢゃや)で桜花浮かべた万葉粥のセットをいただきました(^^ゞ


春日大社4031a

万葉粥1a

万葉粥3a

威風堂々
春日大社をみたらやっぱりその後は大仏様を見ないわけにはいきません、いつ観ても奈良の大仏様は凄いです。実物は心にズシン!と来ます、写真では表現できないものを感じます。(団体旅行でなく一人で直視するとやはり違います)世界に誇れます・・・でかいだけでないものを感じ取っていただけるでしょうかね。
そのあと東大寺の色んなお堂を巡りほんとたくさんの鹿さんも見ていたら、なんかちょっとずんぐりしたシルエットが・・・ん?
な・なんと鹿に紛れてイノシシが|д゚)! ちょっと小さかったのでまだまだ幼い個体だったのかもしれませんが、鹿と同じような色だったんでだれも気付かなかったのでしょう騒がずそっと見送りました・・・この季節、晴れてたらきっと猪鹿蝶が見れたのに(^^ゞ

東大寺2a

東大寺8a

イノシシ4031a



山のいで湯
4月6日 よく雨が降ります。 ならば温泉に行こうと、奈良県川上村の入之波温泉へ。美原から車で1.5時間強くらいです。
大台ケ原の麓大迫ダムのほとりに建つ秘湯です。
湧出口からそそぎこむ温泉水のまわりには鍾乳洞の石みたいなものがびっしり、浴槽の縁も石のようになっています。実はこれ全部温泉の成分が引っ付いてできたものだそうです。お湯の色も赤茶色に濁っています。



入之波7

入之波11

入之波10


入之波12

食堂で山菜定食とアマゴの塩焼きをのんびりいただきました

入之波4

入之波5

ついでに街のいで湯

4月7日 用事のついでに和歌山市の花山温泉へ
ぱっと見は入之波温泉とそっくりのお湯、そして湯船も同じように析出物がびっしりと。
入之波温泉は大台ケ原の麓で紀の川の最上流部にあり、花山温泉は紀の川の河口に近い和歌山平野の縁にあります(高速道路ICのすぐそば)
まぁ、地下で繋がってるとか水脈が等とは全く関係ないでしょうが、色もよく似て凄い析出物の温泉が同じ水系の上流部と下流部にあるというのが何かロマンをかきたてますね。
たまに行ってぱっと浸かるだけではその効能などわからないと思いますが、やはり濁って成分が濃いと良い温泉のように思ってしまいますね。
温泉も身体が入ってるというより脳みそが入ってるんかな?(^_^;)


花山3b

花山1b















NEXT Entry
男里春もう少し
NEW Topics
湖北でゆったり
滋賀の秘境
甘い誘惑
伊勢の杜
堺の海
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。