--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 02. 18  
kazuki.jpg
牛すじ煮込み(北野田の居酒屋和喜)ギトギトしたくどさのない薄味がいいですね。

ファーストフードの進出に危機を感じたイタリアで生まれた言葉だそうです。…どこで食べても同じ味
がすぐ食べれる便利な食べ物ではなく、画一的でないその土地の文化や伝統に根ざした味を大切に
しよう…というような考えだそうです。
まぁ、そう考えると日本の家庭料理、おふくろの味なんかはまさしくスローフードなんでしょうね。
たまご焼きやカレーでもそれぞれ家によって味が違います。お正月のお雑煮も地方、各家々によって
具材や味が色々違って話を聞いてみると面白いです。
ちなみに我が家の雑煮は白みそ丸餅の関西風。結婚するまではすまし仕立てで丸餅に具だくさんの北九
州風(母親の出身)でした。こういう文化っていいですね。

manmaru.jpg
守口市の福祉のお店「まんまる」の手作りおにぎりセット

和食の主役ではありませんが身近な食べ物ですごいなぁって思うのはお漬物です。中でもぬか漬け。
ぬかと塩と水がタッグを組み(安いよね)発酵菌をお招きしてゆったりとねんねして、野菜をお米にぴったり
合う食べ物へと変身させる天才食品。
昨日作り始めて今日食べれるという食べ物ではありません。簡単なようでとっても奥の深い食べ物。
ちょっと手を抜くと寝床は乱れて味も変わってしまいます。なのでずぼらで気まぐれな我が家では安定した味
はだせません。
だから、いつも食べたくなると、友達の漬物屋さんに電話します。「今、何があるの?」「水ナスの二日漬け
のええのがあるで」
「すぐ行くおいといて」「明日のほうがうまいから持っていったる」「そうかおねがいしまっさ」
そう、ぬか漬けは日々一刻味を変えていくのですね。どのタイミングが一番おいしいかは好みですが、こだわ
りのプロが言うのはまず間違いありません。ほんとにおいしい! 発酵食品おそるべし。

長時間漬け込んだ古漬け(ひね漬)もまた一味違う風格をかもし出しええもんです。
人間もそれなりに年を重ねると古漬けにたとえられますが( ̄∇ ̄*)

漬物屋さんは言います。古漬けは古くなった野菜を漬けたんとちゃうよ、新鮮な野菜をじっくり漬けたからええ
味になるんや。

 …人間も同じ…昔はみんな美人でイケメン(*゚ー゚*)
NEXT Entry
ちょっと四国
NEW Topics
湖北でゆったり
滋賀の秘境
甘い誘惑
伊勢の杜
堺の海
Comment
漬物やさん、ただものではないなあ。  そのとおり、ほんまにそうやと思う!!
私たちじっくり発酵できてるやろか・・・ちゃんと熟成できるんやろか・・

ええ味の人間になれたらこんなに幸せなことないよね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。