--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 02. 16  
jinbezame.jpg
沖縄美ら海水族館のじんべえざめ

高校時代フォークソング部と兼ねて所属していたのが生物部。小さいときからいきものが大好きで、
昆虫採集やさかな採りに夢中になっていました。
そんな生物部の先輩が近くの小学校の校長先生に(まじめな部長さん)そしてなんと仲のよかった
同級生が去年から教頭先生でやってきました(お互いまじめじゃなかったよなぁ)
そんな学校が取り組んでいるのがESD (持続可能な社会づくりの担い手を育む教育)だそうです。
大自然の流れの中で多種多様の命が絶妙のバランスでつながっていることを体験を通じて学ぶこと
で、環境問題だけでなく、命の大切さ、思いやり、未来を見据えたライフスタイルを身につけると
いう教育だそうです。…ちょっとちがったらごめん(;^◇^;)ゝ

東京オリンピックから大阪万博へと環境破壊と引き換えの豊かさを得ていく時代のまっただ中で小
学生時代を過ごした私たちにはそんなことを教えてくれる学校は無かったよね。
近くのため池にモンドリを仕掛けて、タナゴや小エビを採ったり、鳥もちでアブラゼミを捕まえた
り浜寺運河でいっぱいハゼを釣ったり。雨の日以外は遊びの主戦場はずっと野外…それが当たり前
ありがたいとか大切だとかなんにも考えてなかった…でもとっても楽しかった。

幸せのものさしって何で計ればいいのだろう?

yourounotaki.jpg
滝に打たれて反省するのだm( ̄ー ̄)m

江戸時代は武士が威張って庶民は重い年貢に苦しめられ、飢饉で餓死者がでたり一揆が起きたり
と辛い時代だと教えられたことがありました。でも鎖国していながらあれだけの立派な文化を生み出
すことができたのは凄いと思います。世界に誇る日本の技術力の基礎もあの時代に完成していたそ
うです。今あるものを大切にしさまざまに工夫し使いこなすということ。理屈でない生き抜くためのエコ
ロジーがそこにあったのでしょう。今の私たちが学ぶべきことがたくさんあるでしょう。
鎖国が生み出した文化と知恵。

でも思うのです。辛くてもきびしくても、けっして忘れなかった、豊かな遊び心が文化を発展させたのだと。

tokage.jpg
「元気かい?」 「うんとかげさまで!」ヾ(~O~;)
NEXT Entry
スローフード
NEW Topics
湖北でゆったり
滋賀の秘境
甘い誘惑
伊勢の杜
堺の海
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。