--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 06. 14  
6月13日平日の休み。有名な鳥見場所はたくさんの人出でどうしても気後れするのであまり行きませんが。
友人Nomiyaさんにもう人出は少なくなったと教えていただき、早朝出発。
6時半過ぎに河内の田んぼに到着、さっそく探索・・・ん? というより田んぼの真ん中
なにか・・・すぐに巣が見つかりました。


tamasig-s1.jpg
親がいませんが卵はあるようです。

tamasig-s2.jpg
親がやってきたようです

tamasig-o3.jpg
タマシギ この鳥は普通の鳥たちとは違って、オスが地味でメスが派手な羽模様。
メスは卵を産むとオスに任せてさようなら。新しいオスを探しに行くらしいです。
いわゆる一妻多夫の暮らし・・・がんばるお父さん


tamasig-m1.jpg
tamasig-m3.jpg
派手顔のメスは別の田んぼで餌探し? オス探し?
結構? でも生息環境に変化(悪化)についていけないのか、どんどん数を減らしているらしいです。
頑張れタマシギ・頑張れお父さん!


しかし、暑さが尋常じゃありません。まだ7時というのに汗が止まりません。身体がまだ慣れていないという
こともあるのでしょうが見ているこちらが頑張れずにギブアップ、早々に切り上げました。


取りあえず涼しい所に行こうと、思い切って曽爾高原まで車で走りました。しかし草原はやっぱり
ギラギラと太陽が照りつけ思い切り暑かったです(>_<)

oakagm1.jpg

oakagm3.jpg
オオアカゲラも恋のシーズンなのでしょうか?

hoakas1.jpg

hoakas4.jpg
草原ではホウアカが元気いっぱいに囀っていました。



                                        tamasig-o2.jpg


                                      田植えをしたばかりの田圃で
                                      人間の暮らしとともに生きる
                                      鳥達。これからも元気で暮して
                                      ほしいですね。鳥にいい環境は
                                      人間にもいいものですよね。


[広告] VPS

スポンサーサイト
2013. 06. 02  
長良川の上流を美濃と呼ぶのかどうか知りませんが、岐阜の美濃地方を東海北陸道沿いに
ずぅっと北上するとひるがの高原、そしてもっと北上すると合掌造りで有名な世界遺産の
白川郷があります。
5月25・26と夫婦とワンコで1泊ドライブに行ってきました。

白川郷1


白川郷2

何回も行っているのですが、なぜか何時も心惹きつける合掌造りの風景。

白川郷五平

白川郷の五平餅は丸いのです、どうしてかな? でも食べやすいです。

大窪沼

白川郷から少し白山の方へ登ると神秘的な大窪沼があります。観光客ゼロの秘境?

ラショウモンカズラ
湖畔に佇む青紫色の花 ラショウモンカズラ

ひるがのバンガロー
宿泊はひるがの高原キャンプ場のバンガロー

飛騨牛弁当2
夕食はキャンプ場近くのワンコ同伴カフェで飛騨牛弁当 

ひるがのキビタキ
キャンプ場の野鳥 「キビタキ」

ひるがのクロツグミ

キャンプ場の野鳥 「クロツグミ」


ひるがのドッグラン1
ひるがのドッグラン2
高原のドッグランでワンコもご機嫌

源流の碑
ひるがの高原には長良川の源流の碑があります。

長良川源流1
伊勢湾に注ぐ大河長良川の源流は透き通る水と鳥の囀りがあふれる原生林でした。


奥飛騨や信州に比べるとやや地味なイメージの奥美濃、でも懐の深いゆったりとした緑の山々
とみずみずしい高原。
 その源は八ヶ岳でも北アルプスでもなく、加賀の霊峰「白山」なのです。

白山連峰

プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。