--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 08. 02  
7月に入り暑さが一気にヒートアップ。
鳥さん達の姿も一気に少なくなりましたが、相変わらず自然の中に癒しを求めウロウロしてました。


6日の日はYMTカモメクラブの方たちと京都の深泥池へミニ観察会、何故かカメラの設定がおかしくなっていて
写真がほとんどありません(-_-;)

1深泥767
タヌキもとコロイトトンボ?

2深泥764
アカイトトンボかな
ハッチョウトンボは見れませんでしたが、ガガブタの魅力的な花やコカブト、その他色々なトンボもも見れました。
昼食はおしゃれな生パスタのお店に連れて行ってもらい、午後からは哲学の道でキマダラルリツバメというシジミチョウ
を探そうということになりましたがあいにくの雨で残念ながら撤退しました。京都もいいですね。


13日は午後から、和泉市の父鬼方面へ散策に向かいました。
4イシガケ7135a
昔はあまり見ることのできなかった、もともと南方系の蝶、イシガケチョウ。温暖化のせいか大阪でもよく
見られるようになっています。


5堀越観音7132
雨が降ってきたので車でウロウロ走り、行き着いたのが和歌山県側の堀越観音、凄い山奥だと思っていましたが
有名なようでとても立派です。


6沙羅713a
雨に打たれてひっそりと咲く沙羅の花、正式名はナツツバキだそうです。

7月空7131a

観音さんから見下ろしたところにある茅葺の家、実はかふぇ 「月空」というお店、土日の営業ということ、さっそく
覗いてみました。
8月空7133a
9月空7139a
山の中に残った一軒家をそのまま利用した素朴かつ粋なお店、そして懐かしい。

月空7139
月空71311

10月空7138a
手作り石窯で焼かれた、ハーブ塩のピザをいただきました。 

21日は再度和泉市の父鬼から鍋谷峠へリベンジ蝶の写真を撮りに

11クロツグミ719
 クロツグミの幼鳥はひょこっと顔を出してくれました。

12サカハチチョウ7191a
 今年初見 サカハチョウ

13ミドリヒョウモン7191
ミドリヒョウモン

鍋手峠で補虫ネットを持っている方を見かけ、お声をかけるといずみの国の自然館をやっておられる先生で
お話をしているうちに国蝶オオムラサキの飼育場を見せていただくことに。


17和泉の国1

和泉市の松尾寺近くの閉められた幼稚園を利用した自然館クラブ
15和泉の国3
藤棚を改造した飼育場

14オオムラサキ7194
国蝶オオムラサキ♂

15オオムラサキ7196
手乗りオオムラサキ♀

16和泉の国2
プールを利用したビオトープ

18かぶと7191
お庭のクヌギは虫がいっぱい

21日は朝からピーカン。暑さをしのごうと和歌山県海南インターから30位の黒沢牧場へ

21黒沢7204
やはり風が涼しく気持ちいい~

19黒沢7201
人も少なく穴場かな・・・

20黒沢7203
牧場しぼりたて牛乳とカフェオーレ
18黒沢7202
あっさりソフトもおいしいよ!

22ファミユ720
山から降りて、貴志川から和歌山ICへいく途中にあるドッグカフェ ファミィーユさんで美味しいカフェタイム


犬鳴のゆるかふぇ 「カフェテラス空」さん
ワンコも行けて美味しい食べ物も食べれるお店を探し、近頃よく行くのが空さんです。
犬鳴の川沿いにあるナチュラルテイスト?な雰囲気にはまってます。
手作りのウッドデッキの下には川が流れ、犬鳴ポークや地鶏料理をワンコも一緒にゆっくり楽しめます。
夜も9時までやっておられ、夜の雰囲気も素敵ですよ。(虫嫌いのひとは無理かな(^_^;))


24空7053

23空718aa

自然の中で美味しいものをいただく、ほんと幸せです。



                                            25空ねこ1
                                              忠犬伝説の犬鳴山
                                              生き物にやさしい
                                              空気が流れます。



                                          
スポンサーサイト
2012. 03. 15  
お気に入りの美味しいお店です。

  yamanomise1.jpg
 せせらぎに面したお部屋(けっこう水音強烈)

かなり遠いところにあるのですが1年に1回くらいは行きたくなるお店があります。
それは、長野県駒ケ根市の駒ケ根高原にある「山の店」です。

   yamanomise2.jpg
 名物上品で絶品たれの五平餅と手長エビの素揚げ

大阪から車で、高速をまったり走って4~5時間でしょうか。駒ケ根インターを降り
て駒ヶ岳ロープーウェー行きバス乗り場のある、萱の台の孫太郎温泉のすぐそばの
昔ながらの鄙びたお店です。
クライマーのご主人と静かなイケメンの息子さんのお二人でやっておられます。
先代から引き継がれた五平餅の秘伝のたれは絶品です。
  
  yamanomise3.jpg     yamanomise4.jpg

 自然がてんこもり山菜そば  かりっと香ばしいツクバネの実

ご主人自ら採ってこられた山菜や川魚はまさしく本物。自然そのものなんです。
運が良ければ地採りの岩茸や珍魚カジカの唐揚げなどにも出会えます。

  yamanomise5.jpg    yamanomise8.jpg
  岩魚のお刺身や  岩魚の開きの山椒焼きも 渓流沿いの店ならでは 
 
標高2600mのお花畑、駒ヶ岳千畳敷や温泉など駒ケ根周辺も見どころがありますが、
信州の各観光地の行き帰りに寄り道するのもいいですね。関西から中央道を通って
信州へ行くのは必ず通るところですから。

     yamanomise6.jpg     
     秋には店周辺で採れた色々なキノコの鍋。キノコの名前は?? 
    
     yamanomise7.jpg
     珍味岩魚の卵

駒ケ根高原には立派なホテルや民宿もありますが駒ケ根市街にはビジネスホテルも
結構あって気軽に泊まれます。20分位で行き来できます。
又、気候の良い季節には恵那や駒ケ根のSAで車中泊ってのも気ままな旅って感じ
がしていいもんです。トイレもきれいですし、24時間売店も空いてます。

余裕があれば2600mのロープーウェー終点にある千畳敷ホテルに泊まるのもお勧め
です。観光客が帰った夕方の「天上の花園」の情景は格別です。遠く南アルプスの
峰々のさらなる向こうに富士山が見えた時は感動しました。カモシカが飛び跳ねて
たりもします。次の日元気があれば、木曽駒ヶ岳頂上へ向かうのも良いですね。
可愛い日本のエーデルワイス、ヒナウスユキソウ(コマウスユキソウ)が出迎えて
くれます。私が行ったときはあいにくのお天気で絶景は望めませんでしたが、雲の
合間から霊峰、御嶽山の雄姿が拝めました。…あっ全て夏の話ですが。

私にとって一番身近な本格山岳リゾートが駒ケ根エリアです。

   yamanomise9.jpg
   駒ヶ根高原から望む木曽駒ケ岳千畳敷方面

あぁ今年はいけるかな…。行きたいなぁ…。行こうよ…。(^▽^)く(^ο^)


  

プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。