--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 04. 30  
4月17日の蝶見
昨年、ギフチョウを観察した三重県名張方面へ、残念ながら昨年見たポイントはイノシシ除け?ネットが張りめぐらされ近寄れず断念。
色その近くもうろうろしましたが結局道けられませんでしたが、ツマキチョウやミヤマセセリを見つけカメラを向けましたでもこれが結構手ごわくなかなか止まってくれない・・・
意地になり結局1時間以上粘ってなんとか撮影できました(^_^;)


ツマキチョウ4172a

ツマキチョウ♂が♀を追跡 「待ってくれー」(^O^)/

ツマキチョウ4175a
♀がやっととまってくれました

ツマキチョウ41710a

ツマキチョウ4178a

♂もグミの花にやっととまって吸蜜。ツマキチョウはふわふわと飛ぶんですがなかなかとまらず手ごわいです(^_^;)

ミヤマセセリ4175a

ミヤマセセリ4172a

ミヤマセセリもギフチョウと同じように春のほんの一時期しか現れないので観察に苦労します。


その後、伊賀上野の森林公園へ向かいましたが、まだ少し寒いのか午後のせいかあまり鳥も蝶も飛んでいませんでした。

コツバメ4174a

ここでもコバノミツバツツジに止まるコツバメを見つけました、今の時期コツバメはどこでもこの花を探すのがいいみたいですね。

ハルリンドウa

ハルリンドウは10センチに満たないくらいの小さな花ですが青色がとてもきれいな花です、湿地のまわりで咲いていました。

スポンサーサイト
2015. 04. 30  
4月16日の花蝶見

以前から気になっていた兵庫県三木市の三木山森林公園へ三木山416

ツマキチョウ4161

自然観察会も行われていたようで、ネットで捕獲されたツマキチョウを見せていただく(その後放蝶)

三木山4163

三木山4165

カンサイタンポポの群生の中にシロバナタンポポも。

コツバメ4161

尾根伝いのコバノミツバツツジの群落にトラフシジミやコツバメを見つけましたがなかなかいいところに止まってくれず撮影は失敗でした(^_^;)
ギフチョウもいるらしいのですが見つけられませんでした。


三木山4162

ミツバチの飼育もされていました。








2015. 04. 23  
春の妖精たち

春の妖精たち
植物の中には雪解けともに花を咲かせ夏暑くなるころまでには葉っぱも含めてすべて地上から姿を消してしまうものもあります。春の短い命はかないイメージから春の妖精などとたとえられ、英語ではスプリング・エフェメラルと呼ばれます。
また昆虫にもそういう春の一時期にあらわれすぐに姿を消してしまうものもあります。
久しぶりに日射しの出た9日(木)妖精に会うために兵庫県氷上の方まではしりました。目的はカタクリとギフチョウです。不順な天候と朝方の冬並みの冷え込みで花も傷み始め蝶も飛びにくい雰囲気でしたが、なんとか会うことができ心がほわぁ~っとなりました。

清住カタクリの里に10時ころつきましたが温度が低くまだ花開いていないので、近くの水分の公園を見に行きました
日本海にそそぐ由良川と瀬戸内に注ぐ加古川の分水嶺があり、ここで二つに分かれるというなにか不思議な感じ(失礼ですがこんな所でって感じがするくらい普通の里山の小川)の場所でした。

水分3
水分4
水分2
水分6

お昼過ぎにふたたびかたくりの里へちょうど見ごろとなっていました。
カタクリ4099
カタクリ40917
カタクリ40932
カタクリ40924A
カタクリ40932
カタクリ4093A

その後少し走って春日ICのそばの里山でギフチョウに対面

春日4092

今年もあえてよかったぁ(^.^)


帰りにノミヤさんに教えていただいていた大和川の近くの池を覗くとアメリカコガモが・・・かなり暗くなっていましたが隠れているのをなんとかみつけました(^_^;)

松原4093

松原4091


プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。