--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 02. 11  
2月10日 妻のお知り合いの方がバンドをやっておられ
そのコンサートがあったので見に行ってきました。

その名も「オージンドリームバンド祝還暦記念コンサート」
というもので、還暦を迎えたおじさん達が明るく元気に
そして自由に楽しんでられるとても素敵なコンサートでした。

また音楽ジャンルも私が10代の後半頃はまっていた、高石と
もやとザナターシャセブンさん達が盛んに演奏していた、ブ
ルーグラスやアメリカンフォークが中心でとても懐かしく楽
しく聞かせてもらいました。

寒い季節ですが、思い出に胸が熱くなる、暖かいコンサートでした。



この頃思っていることですが、私たちより少し上の世代
いわゆる、学生運動を実際に経験している人達はやはり私たちと違うなと。
そう何か生き方や考え方に骨がある人達が多いということです。
自分の意見なりをはっきり言える人達が我々世代よりずっと多いように
思うのです。
我々、ポスト団塊世代というかアフター学生運動世代はぼーっとして社会
を見て学生時代を過ごしました。ほとんどが前の世代の人達が切り開いた
道を歩けば良かったわけですし、経済も豊かになりつつありました。

若者たちの音楽もプロテストソング、反戦歌フォークかなど歌詞のメッセ
ージ性を重視したものから、より音楽性を高めたものへと変わっていきま
した。フォークからニューミュージックへと。我々世代はそれをなんの疑
いもなく、受け入れ苦労もせず新しい音楽を楽しみました。

でもそれを切り開いて行った人達の言葉や活動には、我々にはない重みが
あります。

社会の流れの変化に苦悩するか、当然のように受け入れるか。
日和見主義を受け入れるか、ブレずに自分のスタイルを通すか…




まず戦争を乗り越えてこられた世代。
次に社会変革にむけ闘った世代。
我々がけっして越えられない立派な先輩達に感謝。



スポンサーサイト
プロフィール

bararanka7

Author:bararanka7
S.30年代生 男

自然観察…鳥・花・昆虫  料理
小さな旅

世の中色々しんどいことは多いけど~
焦らず行こう~
怒りはおさえて、笑顔わすれず~
オフの時には
季節の自然にいやされ、のんびりやっていこう。~

四季の花でもめでながら、美味しいものをつまみながら
茶屋でのんびり休みましょう。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。